東京都内の民間労組、ボーナス0.15%減 7年ぶり減少

2019/12/17 17:07
保存
共有
印刷
その他

東京都がまとめた東京都内の民間労働組合の年末一時金(冬のボーナス)の最終集計によると、平均妥結額は前年から0.15%減の76万9903円だった。減少は7年ぶり。平均賃金(31万7820円、39.5歳)の2.42カ月分にあたる。

都内1000組合に調査し、すでに妥結して比較可能な507組合の平均額を集計した。

5組合以上を集計できた29業種のうち19業種で減少した。減少率が最も大きかったのは5.05%減の化学工業で、教育・学習支援、電子部品・デバイス・電子回路製造業が続いた。増加率が最も大きかったのは印刷・同関連で14.81%増だった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]