/

この記事は会員限定です

北海道の搾乳ロボ5年で3倍に、乳価高く導入加速

[有料会員限定]

酪農王国の北海道で、牛の乳搾りを自動化する搾乳ロボットの導入が広がっている。道が11月に発表した搾乳ロボット稼働台数(2019年2月時点)は590台で、5年前の3倍に増えた。背景にあるのは長時間労働と担い手不足。導入には1億円規模の費用がかかるが、生産者は高水準の乳価と国の手厚い補助金をチャンスと捉え、投資に踏み切るケースが相次いでいる。

オリックスグループで搾乳ロボットを輸入販売するコーンズ・エ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン