H3ロケット 衛星格納部の分離試験 川重播磨工場で

2019/12/17 18:02
保存
共有
印刷
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は17日、兵庫県播磨町にある川崎重工業播磨工場で、次世代ロケット「H3」の衛星格納部(フェアリング)の分離放てき試験を実施した。H3は2020年度に初号機を打ち上げる予定で、播磨工場は「ロケットの顔」であるフェアリングの製造を担う。

フェアリングはロケットの先端部にあり、格納した衛星を飛行中の風圧や摩擦熱から守る。ロケットが大気圏外まで上昇すると2つに…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]