/

この記事は会員限定です

何でもこなせる「万能AI」 グーグルの野望

超人間・万能AI(下)

[有料会員限定]
日経コンピュータ

人工知能(AI)が自ら学習しAIをつくる技術の開発が進んでいる。米グーグルはさらに野心的な計画を明らかにしている。同社のシニアフェローでソフトウエア開発のリーダーを務めるジェフ・ディーン氏は2019年7月に来日した際、一つの機械学習モデルで数百~100万種類のタスクを処理する「万能AI」の開発を進めていると明かした。

「万能AI」目指す取り組みも始まる

現在のAIは基本的に一つのモデルで1種類のタスクしか処理できない。画像認識AIには音声認識はできないし、大量の種類の昆虫を学ばせたAIは昆虫の種類を判別できるが、魚類の種類は判別できない。

グーグルの計画では、一つのモデルに画像認識や音声認識など様々なタスクを学習させる。そうして万能AIのモデルを作り、100万種類を超えるタスクに対応することを目指す。学習していない未知のタスクに対しては、100万種類の学習済みタスクとの類似性からどう対処すればよいかを判断する。

グーグルは17年6月に発表した論文で、一つのモデルに8種類のタスクを段階的に学習させていったところ、学習したタスクの数が増えるほど一部のタスクの精度が上がり、各タスクの精度に悪影響が出なかったことを検証によって確かめたと記している。グーグルは学習するタスクの種類を増やしていくことで万能AIを目指す。

「AIが人間に頼らずAIを開発する」「万能AIが登場する」と聞くと、AI脅威論を想像するかもしれない。しかし現実はそう単純ではない。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン