Googleの最新AI、読解力も人間超え 驚異の学習法
超人間・万能AI(上)

コラム(テクノロジー)
2020/1/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)に文章読解は不可能――。米グーグルのAI技術「BERT」がこれまでの常識を覆した

人工知能(AI)に文章読解は不可能――。米グーグルのAI技術「BERT」がこれまでの常識を覆した

日経コンピュータ

画像認識や音声認識などに続き、文章読解の分野でも人工知能(AI)が人間の平均レベルを超え始めた。米グーグルの新AI技術「BERT(バート)」が壁を突き破った。検索や情報収集などの効率が飛躍的に高まる可能性が出てきた。

AIに文章読解は不可能――。数年前までこれが常識だった。日本の国立情報学研究所(NII)が2011年に始めた「ロボットは東大に入れるか(東ロボ)」プロジェクトでも、AIは大学入試センター試験の英語試験で長文読解問題や単語の並べ替え問題に全く歯が立たなかった。東ロボのAIが16年にセンター試験の英語問題を解いた際の偏差値は「45.1」。東大合格はとうてい不可能なレベルだった。

ところがグーグルが18年10月に発表したBERTで常識が一変した。文章読解問題を人間より高い正答率で解いたからだ。

AIが文章の意味を理解可能に

言語モデルの進化の系譜

言語モデルの進化の系譜

BERTは文章の「言語らしさ」を予測する「言語モデル」というAI技術だ。言語らしさの予測は、AIが単語や文章を理解したり自然な文章を生成したりするうえで不可欠である。言語らしさを基準に、単語と単語、文章と文章の関係をベクトルによって表現したり、ある単語の次にどの単語が続くべきかを予測したりするためだ。

グーグルがBERTを使って米スタンフォード大学の文章読解ベンチマーク「SQuAD(スクワッド)1.1」に挑戦したところ、AIとして初めて人間の平均的な精度を超えた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]