/

この記事は会員限定です

「職場窃盗」で小遣い稼ぎ 盗品、ネットで売却

転落記 2019年事件から(3)

[有料会員限定]

フリマアプリをはじめとする、ネットを介した個人間取引。新たな市場として急成長する一方、犯罪の手段に悪用される場合もある。2019年は勤め先の備品などを盗む「職場窃盗」の売り先として、こうしたサービスを使う手口が相次いだ。

9月下旬、JR九州グループ会社の社員は、オークションサイトに出品された商品の画像を見て目を疑った。画面に映し出されたのは在来線の新型車両に関する内部資料。外部に出回るはずがない非売品だ。報告を受けたJR九州は、福岡県警に被害届を出した。

新型車両の取扱説明書や図面集など計9冊を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕されたのは社員の50代の男。捜査関係者によると、男性社員は勤務先の小倉総合車両センターから盗んだ資料を古物商に持ち込んでいた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン