/

この記事は会員限定です

OB訪問でセクハラ 憧れ企業の社員、立場を悪用

転落記 2019年事件から(4)

[有料会員限定]

「酒が飲めないと商社で働けない」。東京都中央区のカラオケ店で2019年3月1日夜、大手商社の社員の男(25)=懲戒解雇=はそんなことを言いながら、OB訪問のために上京した大学生の20代女性に一気飲みを強要、体を触った。

被害はそれだけにとどまらなかった。宿泊先だったホテルの部屋まで大学生を送った男。一度は立ち去ったが、勝手に持ち出したカードキーで再び部屋に入り、抵抗できない状態の大学生に暴行した。

男は準強制性交容疑で逮捕、起訴され、東京地裁は10月、懲役3年(執行猶予5年)を言い渡した。裁判長は判決理由で「被害女性との立場の差を利用した」と指摘した。

就職活動中の学生が企業の社員から受ける「就活セクハラ」の被害が相次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り902文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン