/

日経平均反発、年初来高値を更新 終値2万4066円

(更新)

17日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比113円77銭(0.47%)高の2万4066円12銭で終えた。13日に付けた年初来高値(2万4023円)を更新し、2018年10月以来、1年2カ月ぶりの高値を付けた。世界景気の減速懸念が和らいだとの見方から、前日の米株式市場で主要3指数が最高値を更新したことで、投資家心理が一段と上向いた。

米ニューヨーク連邦準備銀行が16日発表した12月の製造業景況指数(季節調整済み)は前月比では小幅上昇にとどまったものの、今後6カ月の景況見通しは大幅に改善。これに先立ち発表された中国経済指標も堅調で、世界景気の減速懸念が後退したとの受け止めが広がり、前日の欧州株も軒並み上昇した。

きょうの日経平均は寄り付きで前日比138円高の2万4091円と日中高値を付けた。朝高後は目先の利益を確定する目的の売りが出たものの、2万4000円を下回る場面では海外投資家による先物買いが入り、下値は限られた。

中国・上海や香港の株式相場が上昇したことも支えとなったが「一段と買い上がる材料が乏しい」(国内証券ストラテジスト)との見方が多く、後場は膠着感が強まった。東証1部の売買代金は概算で2兆1718億円。売買高は12億8990万株だった。

JPX日経インデックス400は反発し年初来高値を更新した。終値は前日比94.14ポイント(0.61%)高の1万5614.91だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し年初来高値を更新。同10.33ポイント(0.59%)高の1747.20で終えた。

東証1部の値上がり銘柄数は1499。値下がりは546、変わらずは112銘柄だった。

ファストリソフトバンクグループ(SBG)が上昇。アステラス第一三共が高く、テルモリクルートが堅調だった。一方、TDK東エレクが下落し、電通が大幅安。日本郵政ゆうちょ銀かんぽ生命が軟調だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン