アルゼンチン新政権、薬価8%下げで製薬会社と合意

2019/12/17 8:12
保存
共有
印刷
その他

【サンティアゴ=外山尚之】アルゼンチン政府は16日、薬価を8%引き下げ、当面値上げしないことで製薬会社などと合意したと発表した。10日に発足したフェルナンデス政権は低所得者層への分配に力を入れており、高インフレによる薬価引き上げが国民に打撃を与えると主張していた。

アルゼンチン政府によると、国内・外資問わず、製薬会社は薬価を現在の価格から8%下げ、少なくとも2020年1月末まで値上げしないという…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]