/

この記事は会員限定です

動き始めた長期マネー、ダウ最高値更新

米州総局 後藤達也

[有料会員限定]

16日の米株式市場でダウ工業株30種平均が約3週間ぶりに史上最高値を更新した。米中対立や英国の欧州連合(EU)離脱などの不透明感が和らぎ、株を買う動きが復調している。なかでも、米国株を対象にした投資信託への資金流入が足元で目立つ。好景気と低金利という適温相場の環境が整うなか、長期スタンスのマネーが動き始めている。

16日、「米10年物国債・変動率指数」という指標が7カ月ぶりの低水準を記録した。今後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン