/

この記事は会員限定です

大学の技術流出対策を加速 ビザなど米国事例を研究

[有料会員限定]

政府は大学や研究機関で軍事転用できる先端技術の情報管理について対策を検討する。外国人留学生が急増し、機密が第三国に流れるリスクが高まっているためだ。ハイテク技術の盗用疑念がある中国を警戒する米国からの働きかけもある。まずは米国での厳格な情報管理や特定の国の学生へのビザ(査証)発給を制限した事例を研究し、課題を洗い出す。

先端の科学技術を扱う大学・機関には軍事転用可能な研究も多い。留学生や外国人研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン