/

山陰合銀と野村証券 松江、米子の証券業務統合で最終合意

山陰合同銀行と野村証券は16日、同行の証券子会社ごうぎん証券を含む3社による金融商品仲介業務での包括的業務提携に関する最終契約を結んだと発表した。今年8月の基本合意では証券関連業務統合の対象は野村証券の松江支店(松江市)だけだったが、新たに米子支店(鳥取県米子市)も加わった。

島根・鳥取両県で野村証券が証券関連の顧客口座を一括管理。山陰合同銀は行内に「アセットコンサルティング部(仮称)」を新設し、販売や顧客対応などを受け持つ。2020年9月下旬以降に提携に基づく業務を順次始める予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン