サッカー

J2水戸の新競技場構想 「まちづくりの拠点」模索
北関東フォーカス

2019/12/16 19:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッカーJ2の水戸ホーリーホックが5年後の新スタジアム建設構想を打ち上げた。水戸を中心としたまちづくりの拠点に位置づけたい考えだが資金面など待ち受ける課題は多い。実現に向けていかに地域を巻き込めるかがカギを握りそうだ。

2019シーズン、水戸は6位モンテディオ山形と勝ち点、得失点とも並んだが、J1参入プレーオフ圏には一歩及ばなかった。だがクラブとして過去最多勝ち点、最高順位で終え「J1昇格を目標…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 アジア・サッカー連盟(AFC)は27日、新型コロナウイルスの影響で延期されていた女子の東京五輪最終予選プレーオフを来年2月19日と24日に開催すると発表した。中国と韓国が対戦する。
 アジアからは開催 …続き (27日 23:40)

 フットサルのFリーグは27日、新型コロナウイルスの影響で今季の開幕を1部、2部とも9月以降にすると発表した。5月30日の開幕予定が延期されていた。6月下旬に開幕日を協議する予定。〔共同〕
…続き (27日 19:14)

 Jリーグは27日、各クラブの2019年度経営情報を開示した。3月決算の4クラブと新型コロナウイルスの影響で決算確定が延期となった6クラブを除く45クラブ分で、J1神戸が昨年度のリーグ史上最高営業収益 …続き (27日 18:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]