/

この記事は会員限定です

食肉輸入妨げる倉庫の壁 冷蔵・冷凍品、全国で満杯

[有料会員限定]

輸入食品を冷蔵・冷凍保存する倉庫が、東京湾岸をはじめ全国で満杯状態となっている。環太平洋経済連携協定(TPP)や日欧経済連携協定(EPA)の発効で関税が下がった豚や牛などの輸入が急増する一方、畜産品の足元の消費は鈍く、商品が滞留しているためだ。輸入業者からは「相場上昇を見越して輸入を増やしたいのに、物理的にできない」といった嘆き節が聞こえる。

「お盆すぎから急に入らなくなった」。大手食品メーカーの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン