鐘ケ淵(東京・墨田) 酒好き誘う昭和の郷愁

ひと・まち探訪
2019/12/21 12:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

とうきょうスカイツリー駅から東武伊勢崎線で3駅、東京都墨田区北部の「鐘ケ淵駅」は低い家並みが広がる街の片隅にある。平日の夜、地上ホームから外に出た人々が三々五々、静まりかえった住宅街に消えていった。

明治の中ごろ、1887年にこの地に創業したのがカネボウ(現クラシエホールディングス)だ。かつての社名は「鐘淵紡績」。東洋一とも称された紡績工場を操業し、製品は世界を席巻した。

周辺に次々と町工場がで…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]