菓子包装も脱プラ、紙導入 カルビーは生物由来インキ

日経産業新聞
2019/12/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環境への配慮が消費者に身近なお菓子の世界にも及んできた。大手メーカーが取り組むのは商品の包装だ。カルビーはパッケージの印刷に生物由来原料を使ったインキを採用。ネスレ日本(神戸市)はチョコレート菓子「キットカット」で包装をプラスチックから紙素材へと替えた。消費者の意識変化を反映し、包装の「脱プラ」など環境負荷軽減に向けた動きが広がる。

カルビーは11月、主力のスナック菓子「かっぱえびせん」と「ポテ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]