両毛システムズ、MaaS開発の企業連合に参画

2019/12/16 18:21
保存
共有
印刷
その他

ソフトウエア開発の両毛システムズは16日、ソフトバンクトヨタ自動車の共同出資会社が立ち上げた次世代移動サービス「MaaS(マース)」を開発する企業連合に加盟したと発表した。参加企業と連携し、マースの開発や移動における社会課題の解決を目指す。

企業連合「MONET(モネ)コンソーシアム」に加盟した。小売りや運輸、金融機関など幅広い業種が加盟しており、11月末時点での加盟企業は約430社にのぼる。

両毛システムズは自動車のエンジンなどをコンピューターで制御する組み込みソフトウエアの開発を手掛けるほか、群馬大学と自動運転の共同研究にも取り組んでいる。同社は「加盟企業と連携し、MaaS分野での新たな価値創造を目指したい」としている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]