/

アイシン前社長「競争力と後継者が課題に」、中部経産局のフォーラムで

中部経済産業局などが主催する事業承継フォーラムが16日、名古屋市で開かれた。トヨタ自動車出身でアイシン精機前社長の伊原保守氏が「事業承継とマネジメント改革」をテーマに基調講演し、「事業承継はビジネスの競争力強化と後継者問題の2つが課題となる」と指摘した。

伊原氏は中部地方のサプライヤー各社などを念頭に、ビジネスの安定成長の重要性を強調。「事業領域の拡大や新事業の立ち上げ、経営層のマネジメントや人材教育が大切だ」とした。後継者問題については「候補を早く決めておくことが重要」とした。自身の経験も踏まえて、トヨタがサプライヤーに一定期間社長として派遣する「トヨタリリーフ」の取り組みなどを事例として紹介した。

フォーラムはセレンディップ・コンサルティング(名古屋市)なども運営に関わり、事業承継の支援事例紹介やパネル討論なども開かれた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン