/

88歳母が70歳娘と無理心中か、遺書見つかる 福岡

(更新)

16日午前7時半ごろ、福岡市西区の公園で、近くの高齢者住宅に住む女性(88)が血を流して倒れているのが見つかった。自宅のベッドでは同居する娘(70)が意識不明の状態で発見され、いずれも病院に搬送されたが死亡が確認された。福岡県警西署によると、娘は寝たきりだったという。

同署によると、母親の近くには包丁のほか、自殺するとの内容を記した遺書も見つかった。娘には外傷があり、ベッドに血が付いていた。同署は母親が無理心中を図った可能性があるとみて捜査している。

2人は数年前から高齢者住宅で同居を始めたといい、母親が周囲の関係者に娘の介護に悩み、経済的にも困っていると漏らしていたという。

公園の現場を目撃した男性(69)は「女性は物置にもたれて倒れ、胸のあたりが血だらけで胸の上に包丁が置かれていた」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン