/

この記事は会員限定です

未来の食・農、官民研究を支援 農水省が50億円基金

[有料会員限定]

農林水産省は農業・食料分野で技術革新を支援する。ロボットを活用した自動の収穫・運搬システム、肥料や農薬に頼らずに育つ作物の品種開発といったように、難易度は高いが実現すれば影響の大きい分野に資金を拠出する。産学など幅広い研究者の参加を促す。

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン