/

この記事は会員限定です

格差の進展と中流意識(8) 「地位」に敏感な社会の帰結

東北学院大学教授 神林博史

[有料会員限定]

「静かな変容」が示唆するように、自らの社会経済的な位置を客観的に判断できるようになったとして、そのことは人々の意識や社会にどのような影響をもたらすでしょうか。2つの可能性が考えられます。

1つ目は楽観的シナリオです。格差問題が広く認識され、人々が社会の中での自分の位置を自覚するなら、このままではいけないとの危機感が共有されるでしょう。その結果、人々は平等的な社会を志向するようになり、それが政治を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン