滋賀銀・高橋祥二郎頭取 顧客接点見直し、30店統廃合

地域金融
2019/12/16 16:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――2020年2月からの3年間で、全ての支店や出張所の4分の1に相当する約30店を統廃合する目標を掲げました。

「19年3月末時点で133店舗あるが、窓口への来店客数はこの10年間で40%も減少した。一方、店舗外のATMやインターネットバンキングの利用者は増えている」

「顧客との接点を見直すため、店舗網を再構築する。来店を待つ営業スタイルから、顧客訪問やデジタル化を通じた攻めの営業に転じたい。2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]