/

この記事は会員限定です

変革は混じり合う文化から 名古屋支社シンポジウム

[有料会員限定]

日本経済新聞社名古屋支社とテレビ愛知は11月29日、名古屋市内でシンポジウム「ナゴヤが生んだ『名』企業 中部から考える新しいモノづくり」を開いた。中部の景況や今後の人材育成について、企業経営者や有識者らが意見を交わした。あらゆるモノがネットにつながるIoTや人工知能(AI)が製造業の形を変える中、挑戦する若い人材を育成することが重要との意見が目立った。(パネル討論の司会は黒沢裕・日本経済新聞社名古...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3767文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン