福島の大七酒造、輸出の優良事業者で表彰

2019/12/16 15:53
保存
共有
印刷
その他

生酛づくりの日本酒でしられる大七酒造(福島県二本松市)は16日、農林水産省の「輸出に取り組む優良事業者表彰」で食料産業局長賞を受賞したと発表した。「独自性のある高級酒メーカーとしてブランドの確立に成功した」ことが理由。同社は1990年から輸出を始め、現在は継続的な取引に限っても米国や東南アジアなど20の国・地域に輸出している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]