台湾IT主要19社の売上高、11月は2%減と振るわず

貿易摩擦
アジアBiz
2019/12/16 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=伊原健作】世界のIT(情報技術)景気を占う台湾の主要19社の2019年11月の売上高を集計したところ、合計額は前年同月比で2.4%減となり、2カ月連続で減収になった。米アップルの新型スマートフォンの発売時期が昨年は例年より遅い11月に集中したことから、今年は前年を上回ることができなかった。台湾積体電路製造(TSMC)などは次世代高速通信規格「5G」関連の需要を取り込み、好調を維持している…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]