/

この記事は会員限定です

キャッシュレス6割超 大阪屋ショップ、レジ業務も効率化

[有料会員限定]

食品スーパーの大阪屋ショップ(富山市)は来店客のキャッシュレス決済比率が12月上旬で64%に達したことを明らかにした。現在2割程度とされる日本全体の比率に比べると高い水準だ。政府が10月の消費増税に伴って導入したポイント還元制度の対象企業となり、キャッシュレス決済の利用者が増えた。レジ業務の効率化にもつながっているという。平邑秀樹社長に増税後の顧客の動向や見通しを聞いた。

――10月の増税後、売れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン