世界を変える超高効率太陽電池 コスト200分の1へ

2019/12/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訂正> 12月25日2時に掲載した「世界を変える超高効率太陽電池 コスト200分の1へ」の記事中に登場する電気自動車「ライトイヤー・ワン」に搭載している太陽電池について「ガリウムヒ素系太陽電池」とあるのは「シリコン系太陽電池」の誤りでした。これに伴い「ライトイヤー・ワン」に関する写真、記述を削除しました。 (2019/12/26 17:40)

ガリウムヒ素(GaAs)系の超高効率太陽電池はこれまで、変換効率は現在主流のシリコン(Si)系太陽電池の2倍近くと高いが、製造コストが高価なため、人工衛星など限られた用途にしか使われていなかった。今、コストを200分の1に低減する技術開発が進展している。街乗り用電気自動車(EV)が必要とするエネルギーの大半を太陽電池で賄えるなど、エネルギー問題のゲームチェンジャーになりそうだ。

■街乗りなら充電作

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]