目利きが選んだ「3冊」はこれだ! 回顧2019 SF、ミステリー、スポーツ…読み巧者9人のオススメ本

読書
2019/12/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

本紙夕刊文化面「目利きが選ぶ3冊」(毎週木曜掲載)でおなじみの読み巧者9人に2019年の「3冊」を選んでもらった。

小谷真理(ファンタジー評論家)

(1)三体 劉慈欣著(大森望ほか訳、早川書房・1900円)
(2)となりのヨンヒさん チョン・ソヨン著(吉川凪訳、集英社・1800円)
(3)『グラップラー刃牙』はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ 金田淳子著(河出書房新社・1600円

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]