H&Mも参入 アパレル大手が相次ぎ衣料品シェア

2019/12/16 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スウェーデンのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)、米ギャップなどのアパレル大手が衣料品のシェアビジネスに相次ぎ参入している。モノへの執着が薄い「ミレニアル世代」の若者がけん引し、レンタル市場は拡大傾向にある。スタートアップだけでなく、海外や国内大手も収益力の底上げへ新たな事業モデルを模索。世界的に衣料品の購入から利用の流れが広がりをみせている。

H&Mは11月末、同社初となる衣料品のレンタルサ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]