梅田で自動運転バス快走 大阪メトロが車両公開

2019/12/16 11:30
保存
共有
印刷
その他

試乗会と同じコースを走った(16日午前、大阪市)

試乗会と同じコースを走った(16日午前、大阪市)

車両にハンドルはない

車両にハンドルはない

大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)などは16日、自動運転バスの試乗会で利用する車両を公開した。試乗会は大阪・梅田の道路で17~18日に開催する。同社は2020年度に一部バス路線で自動運転バスの導入を目指している。乗り心地を体験してもらい、認知度を高める。

試乗会では仏スタートアップ企業、ナビヤの車両(定員15人)を使う。全地球測位システム(GPS)の位置情報とセンサーで取得した周辺環境のデータを組み合わせて自動走行する。ハンドルはないものの、コントローラーを操作することで手動運転もできる。緊急時などに備えてスタッフが同乗する。

16日は障害物などを設けた試乗会と同じ約600メートルのコースを走った。スラロームもスムーズに運行した。試乗会は一般向けで、募集は締め切っている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]