/

この記事は会員限定です

「英語漬け」とがった4大学 グローバル人材育成の現場

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

大学で4年間、「英語漬け」という学生が増えている。人材の国際競争力を高める「スーパーグローバル大学」の選定校を中心に、学部まるごと留学といった先駆的な取り組みが広がる。大学入試では2020年度の英語の民間試験導入が延期されたが、日本で英語による英語教育は一段と進む。和製グローバル人材を育てる4大学の現場を追った。

スーパーグローバル大学創成支援 文部科学省が14年に始めた事業で、大学の国際化に向けて重点的に支援する大学をスーパーグローバル大学として37校を選び10年間、財政支援する。世界大学ランキングトップ100位以内を目指す「トップ型」と、先端的な取り組みをする「グロバール化けん引型」の2種類がある。トップ型は東京大学や京都大学など13校あり19年度の支援額は各大学約1億4000万円、けん引型は24校あり支援額は同約6300万円。支援開始から4年目と7年目に中間評価を実施し、次回は20年度となる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3658文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン