「英語漬け」とがった4大学 グローバル人材育成の現場

日経産業新聞
2019/12/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学で4年間、「英語漬け」という学生が増えている。人材の国際競争力を高める「スーパーグローバル大学」の選定校を中心に、学部まるごと留学といった先駆的な取り組みが広がる。大学入試では2020年度の英語の民間試験導入が延期されたが、日本で英語による英語教育は一段と進む。和製グローバル人材を育てる4大学の現場を追った。

スーパーグローバル大学創成支援 文部科学省が14年に始めた事業で、大学の国際化に向…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]