スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

ナガマツは準V、中国ペアに完敗

Tokyo2020
2019/12/15 22:11
保存
共有
印刷
その他

ホームの大歓声を背に受けて素早いショットを四方に散らしてくる中国ペアに対し、永原・松本組は打つ手立てがなかった。第1ゲームを14-21で落とすと、持ち前の強打を封じられた第2ゲームは10-21と完敗。永原は「流れを止められなかった」と唇をかんだ。

女子ダブルスで中国ペア(右側)に敗れて2位となった永原(左端)、松本組(15日、広州)=共同

女子ダブルスで中国ペア(右側)に敗れて2位となった永原(左端)、松本組(15日、広州)=共同

4月からの代表選考レースでは現在、日本勢2番手。今大会の結果で五輪へとまた一歩近づいたが、世界選手権以外はタイトルを逃すなど悔いも残った。「負けるときは点数的にあっさり負けるのが今の自分たちの課題。試合中に作戦を変えるとか、自分たちの特長を生かす方法を見いだしていきたい」と松本は来季の奮起を誓った。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
ノーマンは男子400メートルで昨季の世界最高記録をマーク、東京五輪「金」だけを見据える

 日本にルーツがある次代のホープが、陸上競技大国の米国にいる。カリフォルニア州出身で日本人の母を持つマイケル・ノーマン(22)。男子400メートルで2019年シーズンの世界最高となる43秒45をマーク …続き (1/17)

バドミントン女子ダブルス日本代表の福島(左)と広田の「フクヒロ」ペア


 全ての五輪競技を通じても屈指の代表争いといえるのが、強豪ペアひしめくバドミントン女子ダブルスの2枠を巡る戦いだ。そんな厳しい選考レースで、福島由紀と広田彩花(ともにアメリカンベイプ岐阜)の「フクヒロ …続き (1/16)

後半、先制ゴールを決める小川=共同共同

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によるMF田中碧の退場は、犯した罪に対して罰が重すぎた。
【サッカーU23日本、カタールと引き分け アジア選手権】

 前半終了間際。ボールを死守しようと伸 …続き (1/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]