スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

水谷・伊藤、中国最強ペアに逆転負け 卓球ファイナル

2019/12/15 21:35
保存
共有
印刷
その他

【鄭州(中国)=鱸正人】卓球のワールドツアー・グランドファイナルで、14日に行われた混合ダブルス決勝で水谷隼(木下グループ)伊藤美誠(スターツ)組が許●(日へんに斤)、劉詩●(あめかんむりに文)組(中国)に2-3で逆転負けし、優勝を逃した。

 混合ダブルス決勝で中国ペアに敗れた水谷(奥左)、伊藤組=共同

混合ダブルス決勝で中国ペアに敗れた水谷(奥左)、伊藤組=共同

男子の強打をどれだけ女子が打ち返せるかが要諦のこの種目で、水谷隼、伊藤美誠の日本ペアの前に中国の許●(日へんに斤)が立ちはだかった。サウスポーのペンホルダー。中国選手特有のラバーから放たれる猛烈な回転のボールに、伊藤は必死に食らいついた。

初めて受けたボールこそミスになったが、高い技術力ですぐに反応。「慣れてきて、(過去の対戦と比べて)一番取れた」と単にブロックするだけでなく、厳しいコースを狙う。これで主導権を握ると、「きょうは限界まで行くぞ」と痛みのある腰のサポーターを外した水谷のプレーもさえて2ゲームを先取した。

ただ、今年の世界選手権を制した相手は追い詰められても冷静だった。サーブに変化をつけられ、ラリーに持ち込まれると日本ペアにミスが相次いだ。「行くところは行って、待つところは待つ。嫌らしさがあってうまかった」と伊藤。接戦には持ち込んだが、最後は「女子の対応力」とコインの裏表である男子の決定力が明暗を分けた。

最終第5ゲーム。8-8から水谷のそれほど難しくないフォアドライブがアウトになって勝負あり。「あれをミスるようじゃ……。絶対に決めなきゃいけなかった」。同世代の許●(日へんに斤)が高次元のプレーを見せつける中、30歳のサウスポーは惜敗の責任をしょい込んだ。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
山崎は現役最後のレースで最下位だったものの、完歩したことに充実感をにじませた=共同共同

 長く日本競歩男子の第一人者として活躍した山崎勇喜(36、富山陸協)がこのほど現役生活に終止符を打った。かつて世界のトップに肉薄したパフォーマンスは後輩たちの範となるものだった。
 15日に石川県能美市 …続き (3/28)

ボールを巧みに浮かす「3Dドリブル」が清水の武器

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪の2021年への延期が正式に決まった。この夏の勝負を見据え、練習に励んできたアスリートたちの受け止め方は様々だ。04年アテネ五輪から連続出場を続けているホ …続き (3/26)

陸上男子100メートルのサニブラウンは「2021年に自分の思う形に持っていけるように」と延期を前向きに受け止める=共同
共同

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で東京五輪が約1年延期になったことを受け、主役となるアスリートが次々と心境を発信している。安全第一で下された決定を多くの選手が「やることは変わらない」と落ち着いて受 …続き (3/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]