住友不、空き家を民泊などへ 用途変更リフォーム

2019/12/15 19:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友不動産は2020年1月から既存の戸建て住宅を他の用途に変更できるリフォームの受注を開始する。現在は既存の住宅の間取りを一新するリフォームを手掛けているが、戸建て住宅をシェアハウスや民泊施設、社会福祉施設へ用途変更ができるようにする。全国で空き家が増加しており、リフォームを検討する客の選択肢を広げ、空き家の利用を後押しする。

同社は現在、客の要望に応じて戸建て住宅やマンションで設備や内装、下地…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]