/

この記事は会員限定です

住友不、空き家を民泊などへ 用途変更リフォーム

[有料会員限定]

住友不動産は2020年1月から既存の戸建て住宅を他の用途に変更できるリフォームの受注を開始する。現在は既存の住宅の間取りを一新するリフォームを手掛けているが、戸建て住宅をシェアハウスや民泊施設、社会福祉施設へ用途変更ができるようにする。全国で空き家が増加しており、リフォームを検討する客の選択肢を広げ、空き家の利用を後押しする。

同社は現在、客の要望に応じて戸建て住宅やマンションで設備や内装、下地や配管・配線...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン