カーシェア、AIが運転監視 オリックス自

2019/12/15 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カーシェアリングを手掛けるオリックス自動車(東京・港)が、カーシェア用の車両に運転手の挙動を監視する人工知能(AI)ドライブレコーダーを導入する。居眠りやわき見運転をAIが判断してドライバー自身に警告する。「あおり運転」やスマホなどの「ながら運転」による事故が多発する中、シェアリングにも安全対策が広がる。

16日から都内で展開する100台を対象に米スタートアップ、ナウト社製のAIを搭載したドラレ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]