/

この記事は会員限定です

日英EPA、早期交渉へ 車関税の即時撤廃を協議

[有料会員限定]

日本政府は英国が2020年1月末に欧州連合(EU)から離脱した後、同国と新たな経済連携協定(EPA)交渉に入る方針だ。日欧EPAによる関税優遇措置は、離脱後の日英間では移行期間を経て20年末に失われてしまう。日本は英国とのEPAの早期締結で両国間の貿易への影響を最小限に抑えつつ、自動車関税の即時撤廃など日欧EPAを超える自由化を英国に求める。

12日の英下院総選挙でジョンソン首相率いる保守党が大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン