東京ムーブメント

フォローする

木漏れ日注ぐ国立競技場 東京五輪に向け竣工式

Tokyo2020
2019/12/15 12:45
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる国立競技場(東京・新宿)で15日、竣工式が開かれた。当初計画の白紙撤回を経て、36カ月という短期間の工期で建設されたスポーツの聖地。半世紀ぶりに東京で催される祭典のシンボルとなり、世界のアスリートたちの歴史やドラマを刻む。

完成した国立競技場で行われた竣工式

完成した国立競技場で行われた竣工式

完成を祝う式典では、競技場に設置されたフルハイビジョンの大型映像装置を活用したテープカットが行われた。出席した安倍晋三首相は「新しい時代、令和元年に完成したスポーツの新たな拠点が、これからの歴史を刻んでいくことを心より祈念する」と祝辞を述べた。小池百合子知事は「世界の皆様をおもてなしの心で迎え、素晴らしい記憶と記録に残る大会になるよう準備を進めたい」と気を引き締めた。

国立競技場は地上5階、地下2階建て。「杜(もり)のスタジアム」をコンセプトに木材を多用し、周辺環境との調和を図った。東京大会では開閉会式や陸上競技、五輪サッカーの会場となる。

国立競技場の陸上トラック

国立競技場の陸上トラック

工事は大成建設などの共同企業体(JV)が担い、11月に完成。観客席はすり鉢状の3層スタンドの構造で、低層の席からは選手を間近に見ることができる。五輪の際に約6万席、パラリンピックでは約5万8千席に上る見通しで、座席は木漏れ日を意識して白や黄緑などの5色をモザイク状に配置している。

国立競技場の建設を巡っては、英建築家のザハ・ハディド氏(故人)が手掛けた当初案が巨額の整備費を理由に見送られ、建築家の隈研吾氏らデザインの計画に切り替えられた経緯がある。整備費は1569億円となり、国内で初めて1千億円を超えるスタジアムとなった。

年間の維持管理費は24億円が見込まれ、大会後のレガシー(遺産)にするための収益確保が求められる。東京大会後に民営化する方針だが、計画策定時期は20年秋以降に先送りされた。

12月21日のオープニングイベントでは、陸上男子100、200メートルの世界記録を持つジャマイカのウサイン・ボルト氏や、人気グループの嵐らが登場する。20年1月1日に行われるサッカー天皇杯決勝が最初の大会となる。

3階から見た国立競技場

3階から見た国立競技場

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
暑さ対策のため、テスト大会の会場近くに設置されたミストシャワー機(2019年7月、東京都品川区)


 真夏に開かれる東京五輪は暑さ対策が大きな課題だ。期間中は常に熱中症の危険があり、大会組織委員会は選手だけでなく、観客やボランティアそれぞれに気を配る。また汚水が流れ込み、昨年のテスト大会で評判の悪か …続き (1/26)

JR東日本の駅案内AIサイネージ


 五輪開幕まで半年となり、大会を成功に導くための準備もヤマ場に差し掛かる。海外からの観客が利用しやすいように東京の交通機関などは外国語対応を進め、「おもてなし」を担うボランティア研修も本格化。全国各地 …続き (1/25)

東京五輪・パラリンピックの日本代表選手団公式服を披露するパラアーチェリーの上山選手(左)と競泳の瀬戸選手(23日、東京都千代田区)

 伝統の「日の丸」カラー、暑さ対策や共生の理念も考慮――。2020年東京五輪・パラリンピックの公式服が23日、公開された。「ニッポンを纏(まと)う」をコンセプトに、日の丸をイメージさせる赤白と日本古来 …続き (1/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]