スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

桃田2年連続決勝へ、女子は敗退 バドミントン

Tokyo2020
2019/12/14 23:05
保存
共有
印刷
その他

【広州=堀部遥】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第4日は14日、中国の広州で各種目の準決勝が行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が王子維(台湾)を2-0で下して2年連続で決勝に進んだ。

男子シングルス準決勝 台湾選手と対戦する桃田賢斗(14日、広州)=共同

男子シングルス準決勝 台湾選手と対戦する桃田賢斗(14日、広州)=共同

女子シングルスは奥原希望(太陽ホールディングス)が戴資穎(台湾)に、山口茜(再春館製薬所)が陳雨菲(中国)にともに0-2で敗れ、決勝進出を逃した。

ダブルスは混合の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が中国ペアに1-2で屈した。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
女子ダブルス決勝で芝田、大藤組に勝利した伊藤(手前)、早田組

 互いに1球ずつ打ち合う卓球のダブルスは、どちらかが穴になっては勝てない。2年続けて同じ顔合わせとなった女子の決勝。約9カ月ぶりに組んだ伊藤と早田はブランクを感じさせない連係の中に、互いの実力の上積み …続き (1/18)

後半、ボールを奪い突進するパナソニック・福岡。このままトライ=共同共同

 日本代表の「フェラーリ」ことパナソニックのWTB福岡は、この日で今季のTLを店じまい。7人制に転じ、東京五輪を目指す。栄えある“最終走行”だったが、トラブルが多発。快足を飛ばしている最中、珍しくボー …続き (1/18)

福岡堅樹=共同共同

 日本ラグビー協会は17日、ワールドカップ(W杯)日本大会の日本代表で活躍した福岡堅樹(パナソニック)が24日から7人制代表候補の活動に合流すると発表した。当面は練習生として加わり、東京五輪出場を目指 …続き (1/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]