スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

なでしこ、中国の圧力しのぎ3得点 岩渕ハット

Tokyo2020
2019/12/14 23:00
保存
共有
印刷
その他

攻めてはエースがハットトリック、守っては無失点。スコアだけみれば文句のつけようがない完勝だが、中身はそうでもない。日本より二回りほど立派な体格を生かしてグイグイと迫る中国の圧力に、ボランチの三浦は「米国みたいな一瞬のスピードがあって、最初は戸惑いながら守備をしていた」と振り返る。

【関連記事】なでしこ、中国に完勝 男子は香港に5-0

前半、競り合う岩渕(左)=共同

前半、競り合う岩渕(左)=共同

中国は昨年のアジア大会決勝で苦戦の末に1-0で破った相手で、今年のワールドカップでは日本と同じ16強という実力国。激しい寄せにひるんでボールを前に運べず、GKまで戻す場面も目立った。高倉監督は「自分たちの技術に自信がないのか、考えるスピードが遅いのか。まあ両方だと思います」と手厳しい。

それだけ苦しい展開でも勝ち切れたのは、鮮やかなゴールで相手の勢いを断ち切れたからだろう。縦パスをカットした左SB宮川から始まった先制ゴールはまさに会心の一撃。岩渕、長谷川とのパス交換でゴール前に侵入し、最後は岩渕に優しいラストパス。岩渕もさすがの決定力だが、自陣から相手ゴール前までノンストップで突き進んだ宮川の功も大きい。

「我慢するところは我慢して、(点を)取るべき人が取って試合を落ち着かせてくれた」と高倉監督は試合を総括する。したたかに、たくましく。東京五輪代表の選抜テストを兼ねた舞台で、チームとしての気骨も示す価値ある白星だった。

(本池英人)

■森保Jも完勝、小川ハット達成

力の差がある香港相手だからこそ、目に見える結果を残す必要があると決意していた。「サバイバルは本当に始まっている」と燃える22歳のFW小川が代表デビュー戦でハットトリックを決め、東京五輪の代表入りへ力強くアピールした。

ヘディングで、ハットトリックとなる5点目を決める小川(左から2人目)=共同

ヘディングで、ハットトリックとなる5点目を決める小川(左から2人目)=共同

「チームがタイトルを取ることと、自分自身が得点を取ること。そこしか見ていない」。いかにもストライカーという言葉を体現するように、1トップの位置でギラギラと好機を待った。自身1点目は正面から右足でゴール左隅を射抜き、2点目はこぼれ球を詰めてゲット。後半には左クロスから頭で決めた。

20歳のFW田川が先にゴールしたことも大いに発奮材料となったのだろう。「やっぱりみんながライバル。五輪世代がチームで結果を出していると刺激になるし、悔しい気持ちにもなる」。第1戦に先発した上田も含めた激しい代表争いに勝ち残れるか。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
ノーマンは男子400メートルで昨季の世界最高記録をマーク、東京五輪「金」だけを見据える

 日本にルーツがある次代のホープが、陸上競技大国の米国にいる。カリフォルニア州出身で日本人の母を持つマイケル・ノーマン(22)。男子400メートルで2019年シーズンの世界最高となる43秒45をマーク …続き (1/17)

バドミントン女子ダブルス日本代表の福島(左)と広田の「フクヒロ」ペア


 全ての五輪競技を通じても屈指の代表争いといえるのが、強豪ペアひしめくバドミントン女子ダブルスの2枠を巡る戦いだ。そんな厳しい選考レースで、福島由紀と広田彩花(ともにアメリカンベイプ岐阜)の「フクヒロ …続き (1/16)

後半、先制ゴールを決める小川=共同共同

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によるMF田中碧の退場は、犯した罪に対して罰が重すぎた。
【サッカーU23日本、カタールと引き分け アジア選手権】

 前半終了間際。ボールを死守しようと伸 …続き (1/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]