/

この記事は会員限定です

国内新興企業に海外マネー流入 出資件数6年で10倍

[有料会員限定]

国内のスタートアップ企業が、外国の有力投資家から出資を受ける例が増えている。ベンチャーキャピタル(VC)に加え、資産運用会社や企業買収ファンドなど幅広い投資家が参入する。外国投資家による新興企業の出資の件数は6年で約10倍、金額は約9倍に増えた。背景には新興企業側の3つの変化がある。海外マネーが産業の変革の担い手として日本の若い企業に着目してきたが、外為法の改正で事前届け出対象の業種が広がったのが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1694文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン