問題続きのセブンイレブン 揺らぐビジネスモデル
無断発注、残業代未払い… 加盟店との関係にも影

2019/12/14 20:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小売業界で最強といわれてきたセブン―イレブン・ジャパンのビジネスモデルが揺らぎ始めている。本部社員がフランチャイズチェーン(FC)加盟店に無断でおでんなどを発注していた問題に続き、加盟店従業員への残業手当の一部未払いも発覚した。充実した本部からの経営支援システムと引き換えに加盟店に課してきた高い指導料の「正当性」に疑問符がつきかねない。

「商品や店舗運営の力強さを信じ、少なくないロイヤルティー(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]