/

この記事は会員限定です

食肉市場揺さぶる豚コレラ 代替需要で牛肉高値

[有料会員限定]

中国のアフリカ豚コレラ(ASF)の感染拡大が食肉市場を揺さぶっている。豚肉の不足を補う中国の買い付けが牛肉に広がり、価格を押し上げる。オーストラリア産牛肉は約30年ぶりの高値になった。日本では既に欧州産豚肉も値上がりしている。高値が続くと食品メーカーなどの負担が増えそうだ。

値上がりが目立つのは業務用の冷凍品だ。ハンバーガーのひき肉などに使う豪州産牛肉(カウミート)の卸値は、1キロ950~980円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン