/

北朝鮮で亡くなった人追悼 帰国事業60年、新潟港

(更新)

「地上の楽園」と宣伝され、9万3千人以上の在日朝鮮人や家族らが北朝鮮へ渡った帰国事業で、第1便の船が新潟港から出港して60年の14日、北朝鮮で亡くなった人たちを追悼する式典が同港で開かれ、主催者が「生き残っている人たちを救い出すため全力を尽くす」との宣言文を発表した。

北朝鮮で亡くなった人を悼む日本や韓国などに脱出した人たち(14日、新潟市)=共同

帰国者の人権問題に取り組む団体などが主催し、約50人が参加。帰国者は北朝鮮で貧困と迫害にさらされ、一部が日本や韓国などに脱出したが、日本との往来を許されず現地で死亡した人も多い。式典で参加者は黙とう、献花し、死者を悼む朝鮮半島伝統の踊りもささげられた。

宣言文は、帰国事業を進めた在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)や北朝鮮政府などに対し「北朝鮮の本当の姿を伝えていたら、一人も渡らなかっただろう」と抗議。「一緒に事業を進めた日本政府には、全ての帰国者への救済法を要請する」とした。

帰国事業では1959年12月14日に975人を乗せた第1便が出港。67年に一時中断されるが、71年に再開して84年まで続いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン