がん5年生存率66・4% 10~11年、国立センター

2019/12/14 7:15
保存
共有
印刷
その他

国立がん研究センターは14日までに、「がん診療連携拠点病院」など専門的な治療をする全国の病院で2010~11年にがんと診断された患者の5年後の生存率は66.4%で、09~10年と比べ0.3ポイント増加したと発表した。算出は5回目で、改善傾向が続いている。13年に診断された人の3年生存率は72.4%で、12年に診断された人の生存率を0.3ポイント上回った。

15種のがんについては個別に5年生存率を集計。前立腺の98.8%、乳房の92.2%が高い一方、早期発見が難しい膵臓(すいぞう)は9.8%と低い。今回新たに集計した喉頭と腎臓は約80%と高かったが、尿管は49.0%、胆のうは29.3%と低かった。喉頭は患者の9割以上が男性だった。

318病院、約65万人分の「院内がん登録」データを使った。

胃や大腸など患者が比較的多い5種類のがんについて、診断時の進行度と年齢別の生存率を集計すると、高齢者は若い世代より生存率が低い傾向があった。同センターの奥山絢子室長は「高齢者はがん以外にも病気を抱え、(強い副作用で体に負担のかかる抗がん剤など)若い世代と同じ治療ができない例があるためではないか」と話した。

また、患者の少ない小規模病院ほど、高齢者や進行した患者が多かった。体調悪化により、遠くの大病院に通いにくいなどの事情がありそうだ。

都道府県別、病院別の生存率や患者数などは同センターのウェブサイト「がん情報サービス」で見られる。ただ、自治体や病院ごとに患者の年齢や病状の構成がまちまちなため、治療の良しあしの比較には使えないとしている。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]