スコットランド独立めぐり与野党がはや応酬

2019/12/14 4:21 (2019/12/14 5:16更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=細川倫太郎】12日に投開票された英国の総選挙では野党で唯一、スコットランドの少数政党のスコットランド民族党(SNP)が躍進した。英北部スコットランドの英国からの独立をめぐり、与野党が早くも応酬を繰り広げた。一方、労働党などほかの野党では党幹部や大物議員が相次ぎ落選。大勝した与党・保守党に多くの選挙区で議席を奪われた。

SNPは選挙戦でスコットランドの英国からの独立の是非を問う2度目の…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]