HOYAと東芝、半導体装置メーカー巡り異例の争奪戦

2019/12/13 22:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝の上場子会社を巡り異例の争奪戦が起きている。HOYAは13日、東芝子会社の半導体製造装置、ニューフレアテクノロジーに対しTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。一方、5割の株式を持つ東芝は現在、完全子会社化に向けて株式の買い増し手続き中で、HOYAの提案には応じない方針だ。上場子会社の解消に端を発したディールは、大手企業同士が関わるTOBという展開になった。

「東芝グループにとっても…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]