金融庁、かんぽ生命を年内に処分へ 立ち入り検査終了

2019/12/13 22:30
保存
共有
印刷
その他

金融庁は13日、保険商品の大規模な不適切販売が起きたかんぽ生命保険と日本郵便に対する立ち入り検査を終えた。9月11日から3カ月に及ぶ調査で、実際の不正事案やガバナンスの問題点を確認した。年内に行政処分を出す見通しだ。

両社の社長ら経営幹部への聞き取り調査のほか、不適切販売の現場となった郵便局にも調査に入った。営業目標や社内の指揮系統など不適切販売の原因を探った。

かんぽと日本郵便、両社の親会社の日本郵政は18日に記者会見を開き、不利益を与えた疑いのある契約の調査結果や外部弁護士で構成する特別調査委員会の報告書を公表する方向で調整中だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]