ヨネックスやミズノ、五輪後へ「やさしい」運動用具

2019/12/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スポーツ用品メーカーが2020年の東京五輪やその後をにらみ、初心者向け用具を拡充する。体に優しく、取り扱いが易しく、懐具合にも優しい3つの「やさしさ」が特徴だ。ヨネックスが主力分野の一つのバドミントンで投入するのは、腕への負担を軽くするラケットやガット。ミズノは卓球で球速などのバランスが取れて扱いやすいラケットのラバーを、割安な価格で発売した。五輪選手の活躍などに触発されて競技を始める層をつかん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]