中国5県の景況感、4期連続で悪化 日銀短観12月

2019/12/13 20:33
保存
共有
印刷
その他

日銀が13日発表した中国5県の12月の全国企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が全産業でプラス8と前回(9月)から3ポイント低下した。悪化は4四半期連続。米中貿易摩擦で製造業の低迷が続き、消費増税に伴う個人消費の落ち込みで非製造業も苦戦。一方、設備投資はなお堅調で、内需をけん引する傾向は変わらなさそうだ。

業況判断DIは景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]