EUの温暖化ガス排出ゼロ、日本の海運業界は困惑

2019/12/13 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州連合(EU)の方針決定は日本企業にも影響が大きい。特に輸送用燃料で化石燃料に依存してきた業界は身構える。

・温暖化ガス排出、50年に実質ゼロ EU首脳会議で合意
・温暖化ガス削減、企業に迫る EU「50年実質ゼロ」
 海運業界では国際海事機関(IMO)が2050年までに国際海運全体の温暖化ガス排出量を08年比で半減し、今世紀中の早い時期にゼロにすることを目標にしている。業界団体の日本船主協会は「I…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]